骨盤の歪みにはストレッチから!自分で矯正できる方法もあるんです!

骨盤のゆがみは、肩こりや腰痛の原因だったりします。
また、ダイエットしにくい体質を作ったりします。足が太くなる原因にも骨盤のゆがみが関係しています。

姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまいますが、いざ姿勢を良くしようと試みても筋力が弱く正しい姿勢を維持できなかったりします。
まずは、骨盤のゆがみを正し、姿勢を良くするためのストレッチやエクササイズを行ってみて下さい。

骨盤のゆがみを解消する方法として一番ポピュラーなストレッチは、腰回しです。

足を肩幅に開き、両手を腰にあてて、フラフープを回すイメージで腰を水平に回します。
膝は、曲げないようにしましょう。

右回り左回りを各30回ずつ、1日2回行うと歪みが解消されますよ。
ついでにウエストが細くなると好評です。

半月ポーズストレッチも良いですよ。

両足を揃えて立ち、手を頭の上で合わせてください。
ゆっくりと上半身を右側に曲げます。

この時、肘や膝は曲げないで下さいね。
腰も動かさない様に意識して下さいね。

これ以上曲がらないところまで行ったら、ゆっくり戻ってください。
このストレッチを左右行って下さい。

床に座った状態で行うストレッチもあります。

ねじりポーズストレッチです。
長座で床に座り、左足を立て右足の外側に置きます。
左手を身体の後ろに置き右手は左ひざに置きます。

息を吐きながら後ろ方向へ体をねじってください。
反対側も同様にねじります。

骨盤を矯正するエクササイズもあります。

次は、お尻歩き運動です。
文字通り床に長座で座り体をひねりながらお尻で前に進む運動です。

なかなか大変な運動ですが、「10歩進んで10歩戻る」を3往復するだけです。
骨盤矯正力が非常に高い運動です。

寝転がりながら出来るのは、お尻上げ運動です。
仰向けに寝て足を肩幅に開きます。

両手で支えながら腰とお尻を床から離します。
グイっと勢い良く上げるのではなく、お尻から骨盤へ向かって順に上げましょう。
上げた状態で3秒キープし、15秒休みます。
寝る前や起きてすぐの時間に、布団やベッドの上で行うと良いですよ。

ちょっとした隙間時間に出来るのがお尻トントン運動です。
腰の高さくらいの台に手を付いて立ち、ゆっくりと息を吐きながら自分の足のかかとでお尻をたたきます。

適当な台がないなら、イスなどを掴んで立っても良いですね。
左右6回ずつ行って下さい。

エクササイズやストレッチを行って骨盤のゆがみを解消しても、普段に姿勢が悪いと元に戻ってしまいます。
日頃から骨盤が歪まない様に気を使いながら生活したいですね。

コメントは受け付けていません。