骨盤矯正はバスタオル1枚用意するだけ!

骨盤のゆがみは、身体に様々な悪影響を与えます。

筋力の低下を招いたり、太りやすい体質を作ったり、新陳代謝が落ち冷え性になってしまったりします。

筋トレやダイエットを行う前に、まず骨盤のゆがみを解消したいですよね。
バスタオルを使ったお手軽な骨盤矯正方法があるんですよ。
ご紹介しますね。

いくらダイエットを続けても、エクササイズを続けても、スリムアップが出来ない人はいませんか?

それは、骨盤がゆがんでいるせいで太りやすい体質になっていたり、きちんと筋肉が身体に付かない状態になっているのかもしれません。

骨盤のゆがみを解消する方法は、色々あります。

整体に通ってゆがみを解消する方法や、骨盤矯正を目的としたストレッチやエクササイズを行う方法です。

でも、
「整体に通い続けることも、ストレッチやエクササイズを継続することも難しいかも・・・」
と考える人もいるのではないでしょうか。

何事も、継続すると言うのは大変ですよね。

今回ご紹介するバスタオルを使った骨盤矯正は、骨盤矯正用まくらを作って寝るだけで骨盤矯正が出来ると言う方法です。

これならば、続けることができそうではないですか?

まずは、バスタオルで骨盤まくらを作る方法をご紹介しますね。

まず、バスタオルを2枚とビニール紐など縛れる物を用意します。

バスタオルを、2枚重ねて広げて下さい。

バスタオルを半分に折りたたみます。

バスタオルの端からクルクルと巻いて下さい。

巻いたバスタオルが緩まない様に、紐をクロスさせながらバスタオルを固定して下さい。

筒状のバスタオル枕が完成します。

サイズが身体に合わないと感じた場合は、バスタオルの枚数を調性してみて下さいね。

出来上がった筒状のバスタオル枕を使って、骨盤矯正エクササイズを行ってみましょう。

まず、足を伸ばして床に座ります。
骨盤まくらをお尻にくっつけて置いて下さい。

骨盤まくらの上に腰を乗せて、体を後ろに倒します。
この時、骨盤まくらが動いてしまわない様に手で押さえて下さい。

骨盤まくらの上に寝転んだ状態になりますね。
骨盤まくらは、調度おへその下に来ます。

この状態で、身体の力を抜いてリラックスしましょう。

お腹をへこませたり、足の親指をくっつけてハの字をつくったりしましょう。
腕を頭の上に上げて5分キープしても良いですね。

これらのエクササイズを行ったら、ゆっくり起き上がってください。
この時、腹筋を使って起き上がると腰を痛める恐れがあります。
くるっと体を横にして手を使って上体を起こしてくださいね。

簡単なエクササイズですよね。
これを続けて、骨盤矯正してみましょう。

コメントは受け付けていません。